頭頂部が薄い原因と対策

ケア美容師のイメージ

 女性の頭頂部が薄い原因は、男性の薄毛とは異なる部分が多く実に様々です。しかも、ネットで調べてみると対策法や、治療法、育毛剤もたくさんあって、本当に何が効果があって、何が良いのか分からなくなった・・・っというところではないでしょうか??

 しかし、医療的な視点で考えると、原因は様々でも、対策方法は1つなので単純な話なのですよ^^

 誤解を恐れず、正直なところを言うと薄毛対策と称してお金儲けをしようとする業者がたくさんいるから、薄毛対策(治療)の本質が見えにくくなっているというのが現状なのだと思います。

女性の頭頂部が薄くなる原因

頭頂部の薄毛

 男性の薄毛と女性の薄毛が大きく異なるポイントがこの原因です。女性の頭頂部が薄い理由は以下のようなものが複合的に絡み合って起こっていると考えられています。

  • 髪・頭皮のエイジング(加齢)
  • ホルモンバランスの変化・低下(出産・閉経)
  • 頭皮の血行不良
  • 不規則な生活習慣
  • 心理的なストレス
  • 過度なダイエット
  • 誤ったヘアケア・頭皮ケア
  • 不適切な頭皮ケア
  • 遺伝的な問題
  • 甲状腺ホルモンの低下
  • 膠原病などの皮膚疾患
  • 経口避妊薬の服用

 赤いチェックの方は、日々の注意でどうにか対策がとれる原因で、青いチェックの方は医師による診断・判断が必要となる原因になります。それぞれの詳細は後述するとして、まずは対策法をチェックして欲しいと思います。

何故いきなり対策法?

無料カウンセリングのご紹介

 正直なところ、女性の頭頂部の薄毛は原因が多岐に渡る上、どれか1つが原因であることは稀です。なので、原因を完全に特定するよりも正しい対策をとることが最優先なのです。

 特に女性の頭頂部が薄いことは、気付くこと自体が遅れがちなので、気付いた時点で早めの対策をとることが重要です。男性の脱毛症でも同じですが、少しでも若い状態で、髪の毛が元気なうちに行う対策が重要なのです。

頭頂部の薄毛治療の選択肢は1つだけ

女性クリニックの女医

 効果の見える薄毛対策は専門医療機関だけとはっきり言えます。薄毛専門クリニックのスタッフさん曰く、市販の育毛剤やシャンプーでの対策で効果がある人もいますが、感覚的には10%程度だとおっしゃっていました。

 やはりより効果の高い医薬品を使うことができる専門クリニックには遠く及ばない数値です。ですので、薄毛対策の正しい選択肢は専門機関による治療だけだと言えますね。

ヘアメディカルビューティー(女性専門)

ヘアメディカルビューティー

当サイトの評価 ★ ★ ★ ★ ★

 クリニックへの来院を苦手に感じる人が多いのですが、ヘアメディカルビューティーでは、薄毛治療についてのことや、今の自分の抜け毛について相談だけでも無料で受け付けてもらえます

 自己判断による治療や、高額な育毛剤に手を出す前にひとまず専門家の意見やアドバイスを参考にして、それから考えることを当サイトはオススメしています。

 公式サイトを見てみる

ヘアメディカルビューティーはここが良い!

  1. 月間15000名以上が来院する国内最大手のAGAクリニック
  2. 東京、銀座、名古屋、大阪、福岡と展開している
  3. 縛りや、医療ローンを組まされるようなことがない
  4. 月額の治療費用は1.5万円~3万円ほどと上限が決まっている

 ここでヘアメディカルビューティーさんの良さを語り続けても良いのですが、あまりにも宣伝臭くなるので公式サイトで詳細をチェックしてもらうほうが説得力があるかと思います。

  • 頭頂部が薄くなってきた気がする
  • 分け目が目立つようになってきた
  • シャンプーやドライヤーの後の抜け毛が増えてきた
  • 思うとおりに髪のセットが決まらなくなってきた
  • 美容院へ行くのが恥ずかしい
  • 友人たちと写真を撮るのもイヤになってきた
  •  などなどの悩みがあるのでしたら、無料カウンセリングを受けてみることをオススメします。治療するしないはその後で考えても十分遅くないと思います。何も行動しなければ、薄毛は確実に進行します


    細々した原因も知りたい方へ

     上でも軽く説明した通り、女性の頭頂部が薄くなる原因は多岐に渡り様々です。1つを改善したとしても、その他がダメだと解決しないこともありますので、あまり深く知っておく必要はないかと思っています。

     大事なのは、たくさんの原因を知ることよりも、正しい対策を1つ知ることだと考えています。とはいえ、原因を知っておきたい方もいらっしゃると思いますので、できるだけ簡単に列記してみました。

    頭頂部が薄い・薄くなる主な原因(10個)

    髪・頭皮のエイジング(加齢)

    髪・頭皮のエイジング(加齢)

     こればかりは誰しもが避けられない問題の1つなのですが、主な原因としてあげられるのが髪・頭皮のエイジング(加齢)による衰えです。50代後半頃から毛包の構造が変化し、繊維化、だんだんと消えていくことが影響していると考えられています。

     また、単純に頭皮の細胞が衰えたり、血流が悪くなってしまうなどの影響も関係していると思われます。しかし、年齢を重ねても元気な髪の毛の女性はたくさんいますので、加齢=頭頂部が薄くなるっとは言い切れないのも事実です。

    ホルモンバランスの変化・低下

    ホルモンバランスの変化・低下

     髪の毛の成長には、女性ホルモンであるエストロゲンが大きな影響を与えています。30代後半頃から加齢とともに女性ホルモンの分泌が減り、更年期を迎える頃にはむしろ男性ホルモンの方が高くなるほどなのです。

     男性ホルモンの影響が大きくなると、男性型脱毛症と同じような状態となり、頭頂部が薄い状態になりやすいということも分かっています。

     また、女性には出産というイベントもあり、産後にも大きくホルモンバランスが変化します。産後の抜け毛は多くの女性に起こるものなのですが、特に高齢出産だとダメージ回復、育児のストレスからの回復が遅くなることも多く、抜け毛が増える可能性が高くなります。

    女性ホルモンを補う食べ物を

    大豆イソフラボン

     ホルモンバランスの変化・低下の対策には、女性ホルモンを補う食べ物を食べるというのもオススメされています。女性ホルモンの1つであるエストロゲンによく似た働きをする成分として【大豆イソフラボン】があります。これをうまく摂取するのです。

     具体的に大豆イソフラボンが含まれる食べ物としては、豆腐、きな粉、大豆、納豆、みそ、豆乳です。

     また、大豆が苦手な方、継続して大豆を食べられる自信がない方はサプリメントもありますので、そちらから試してみるのも良いでしょう。

    頭皮の血行不良

    頭皮の栄養不足

     頭皮の血行不良もやはり頭皮へ栄養がうまく伝わらないことになるので、頭頂部の抜け毛・薄毛の原因となります。血行不良の原因は様々で、ストレス、喫煙、睡眠不足、食生活の影響などが考えられます。

     頭皮ケアで解決しそうですが、実は頭皮ケアは効果は一時的であまりオススメできません。食生活を整えること、適度な運動を行うこと、ストレス軽減などの方が根本的な解決になるかと思います。

    不規則な生活習慣

    徹夜で疲れた体

     生活習慣の乱れは、早寝早起きなどの基本的なことから、食生活なども含まれます。あくまでも個人的な意見にはなりますが、以下のものが特に薄毛にとって悪影響だと思われます。

    • 慢性的な睡眠不足
    • 偏った食生活(栄養不足)
    • 過度なダイエット(栄養不足)
    • 喫煙習慣
    • 過度なアルコール摂取

     それぞれ、詳しい説明は不要かと思いますが、アルコール摂取に関しては多少のものは良いです。しかし、過度の飲酒はアミノ酸やビタミン類が消費されますので、頭皮環境にも悪影響を与えると考えられますね。

    心理的なストレス

    心理的なストレス

     適度なストレスは問題ではないでしょうが、余計なストレスはホルモンや自律神経系のバランスが崩れます。心身の働きが悪くなるとともに血行も悪くなり、結果、頭皮や毛髪に十分な栄養が行き届きません。

     さらに薄毛が原因でストレスになり・・・っという負のスパイラルに陥ることも考えられますね。

     一昔前とは異なり、お仕事をしっかりとこなす女性もたくさん出てきています。仕事と育児、社会的責任など、女性を取り巻くストレス環境は大きくなっていますので、ストレスと薄毛の関係は無視できないでしょう。

    リラックスできる環境を

    ストレスVSリラックス

     ストレス対策に一番いいのはストレス原をなくすことですが、それは現実問題難しいことも多いでしょう。ですので、何でもいいのでリラックスできる瞬間を毎日作るようにしましょう。趣味の時間があればそれでいいですし、バスタイムを充実させてもいいでしょう。カラオケも良いですね^^

     とにかく自分なりのストレス解消法を1つで良いのでしっかりと持つことが大切です。

    誤ったヘアケア・頭皮ケア

    誤ったヘアケア・頭皮ケア

     合わないシャンプーを使い続けている、ブリーチのし過ぎなどは、明らかに髪の毛や頭皮によくないと分かるのですが、以下のようなものも気を付けましょう。

    • 10年前から同じシャンプーを使っている
    • しっかりとシャンプーをしている
    • 頭皮をブラシでトントンしている

     この辺りは案外と誤ったヘアケアにつながっている可能性がありますので注意が必要です。

     10年前は確かに皮脂量も多かったかもしれませんが、今の頭皮はどうでしょうか?皮脂をとりすぎている可能性はないのでしょうか??しっかりとシャンプーをしている方も、ゴシゴシとしっかり洗いすぎて頭皮を傷つけていないでしょうか??ブラシでトントンって本当に効果がありますか??

    正しいシャンプーについて

    シャンプーの泡

     30代後半頃から頭皮の皮脂量も減ってきますので、アミノ酸系シャンプーが頭皮にやさしくてオススメです。また、回数に関しても1日1回、できれば夜の時間があるタイミングが良いですね。

     朝にシャンプーをすると、通勤などの時間に追われ、髪や頭皮が乾かないうちに外出することになり、ダメージを受けやすい状態になるので、朝のシャンプーはお勧めできません。

     あと、一概にアミノ酸シャンプーと言っても、なかなかたくさんの種類が販売されていて困るところなのですが、我が家ではマイナチュレ・シャンプーを使っています。10年以上市販のシャンプーを使っていましたが、この度市販シャンプーを卒業してマイナチュレを使っております。

     使い心地よし、香りよし、髪のツヤよしで文句なしでオススメできるシャンプーだと言えます。

    遺伝的な問題

    母娘の遺伝の関係

     薄毛は母方の遺伝子として受け継ぐことが研究により判明しています。しかし、これは特に男性の薄毛に関してのようです(男性は70%程度影響を受ける)。

     とはいえ、女性の薄毛の原因として無視して良い問題ではなく、30%程度の人は遺伝的な問題で薄毛になっているようです。但し、厳密な原因がはっきりと解明されていませんので、何とも言えない問題の1つです。

    甲状腺ホルモンの低下

    甲状腺ホルモン

     圧倒的に女性に多い病気の一つで、甲状腺ホルモンの低下で起こる一連の疾患です。原因も原発性のものと、ホルモン分泌の低下で起こるもの、甲状腺ホルモンに反応が弱くなるものなど、いくつか原因は分かれます。

     起こる症状は様々ですが、基本的に新陳代謝が低下する疾患ですので、脱毛症が起こることも珍しくない病気で、カツラやウィッグが必要となることもあります。

    膠原病などの皮膚疾患

    膠原病などの皮膚疾患

     全身性の炎症性疾患で、様々な皮膚症状を示す病気です。関節炎、皮膚の湿疹、粘膜の潰瘍などがありますが、その中でも脱毛症という症状もあります。

     びまん性の脱毛を示すことが多く、前頭部から頭頂部にかけて抜けやすくなります。また、髪の毛自体が細く折れやすくなることもあり、薄毛がより一層感じやすくなる状態になってしまうケースもあります。

    経口避妊薬(ピル)の服用

    経口避妊薬(ピル)のイメージ写真

     経口避妊薬(ピル)は女性ホルモンに影響を与えることで避妊効果を示します。女性ホルモンに影響するということは薄毛や抜け毛にも影響する可能性があります。割合としてはそこまで多い副作用ではありませんが、ゼロではありません。

     特に飲み始めた頃や、飲むのをやめたタイミングなどで起こりやすいようなので、注意して考えてみると思い当たるかもしれませんよ。

    頭頂部の薄毛の原因-まとめ

     ざっと列記してみましたが、いかがでしたでしょうか??正直なところ、男性型脱毛症と異なり、原因が多岐に渡っており、分かりにくかったのではないでしょうか??

     正直、どれか1つが原因ではない場合が多く、個々を細かく気にして対策するよりも、専門家の意見を仰ぐことをオススメしています。効果があるのか、ないのか分からない育毛剤に賭けてみるというのも悪くはありませんけど、しっかりとクリニックで専門家にみてもらうっというのが正しい選択肢ですよね。

    ヘアメディカルビューティー(女性専門)

    ヘアメディカルビューティー

    当サイトの評価 ★ ★ ★ ★ ★

     大事なことなので何度も書きますが、何も行動しなければ、薄毛は確実に進行します。30代頃から傷の治りが遅く感じているように、薄毛も改善に向けて動き出すのが遅れれば、元の状態に戻るまで確実に時間がかかります。

     治療するかしないかは確かに悩むところですが、無料カウンセリングは悩む必要はありません。話を聞くだけ聞いて帰ると言う人も半数近くいるみたいなので、まずは専門家のお話を聞いてみるそこから始めると良いかと思います。

    家でできる対策を知りたい方へ

     家庭でできる簡単な対策法をいくつか紹介しております。当サイトとしましては、積極的にオススメしていない対策にはなります。

     積極的にオススメしていない理由としましては、効果に再現性がないもの対費用効果がイマイチかもっというのが主な理由です。良いとか悪いとかではありませんので、悪しからずです。

    家庭でできる対策法

    シャンプーによる対策

    シャンプーによる対策

     洗浄力の弱いアミノ酸系シャンプーに変える→頭皮の皮脂を取りすぎないようにする→頭皮環境が整う、っという流れで髪の毛が元に戻ってくる方もいらっしゃいます。

     長年、同じ銘柄のシャンプーを使っているような方は、一度アミノ酸系シャンプーを試してみてもいいかと思います。有名なところでいえば、マイナチュレ・シャンプーなどが女性に人気が高いですね(我が家も使っています)。

     但し、巷で育毛シャンプーなるものが販売されていますが、シャンプーは洗うものであり、髪の毛を生やすものではありません。あくまでもシャンプーは補助的なものと考えておくべきです。過度な期待はNGですね。

    頭皮マッサージによる対策

    頭皮マッサージによる対策

     頭皮マッサージをすることで頭頂部や頭皮への血行を良くすることで抜け毛を減らそうという考えで行うものです。育毛剤との併用でさらなる効果が期待できる対策の1つです。

     とはいえ、頭皮マッサージをしている最中~した直後は確かに血流が良くなりますが、四六時中血行がよくなるわけではありません。こちらも過度な期待を求めるものではないなと個人的には思います。

     育毛サロンで行う頭皮マッサージは、アロマなども併用していることが多く、リラクゼーション効果もプラスされているケースもあります。ストレス解消から抜け毛が減る、体調が良くなることもありますので、全てを否定するわけではありません。

    食生活・栄養バランスによる対策

    バランスの良い食事

     これは何も髪の毛に限った話ではないのですが、食生活はバランスよくとっておきたいところですよね。髪の毛に必要な栄養素でいえば、

    • 鉄分
    • 亜鉛
    • ビタミン類

     あたりが重要となってきます。また、特に女性の薄毛に関して絞れば、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも積極的に摂取していきたいですね。

     もし、食生活のバランスに自信がないというのであれば、育毛サプリメントを摂っておくことがオススメになりますね。

    運動による対策

    ウォーキング

     運動と言っても、100m全力疾走しろとか、フルマラソンをしろという話ではありません。軽い運動(ウォーキングなど)で構いませんので、継続的に運動をする習慣が大切です。

     適度な運動は適度な疲れを生み出しますので、寝つきが良くなるなど体全体として有効な意味があるのです。ただ、直接的に髪の毛に影響するのかどうかは難しいところですよね。

    女性用育毛剤による対策

    女性クリニックの女医

     家庭での対策のみにこだわるのであれば、女性用育毛剤の使用も1つの手段です。ただ、女性の薄毛は男性の薄毛とは異なりますので、女性用の育毛剤を使うことが大切です。

     男性の育毛剤とは異なり、女性用のものは化粧品やコスメに近いものですので、買いやすいと思います。

    女性用育毛剤の注意点

     女性用育毛剤による効果判定は口コミなどをチェックしていても最低3か月、効果が出にくい方でも6か月という声が多いです。1か月お試しなどの育毛剤商品が多いですが、1か月では効果のほどは分からないと思っていてください。

     普通に考えても1か月で1cmしか髪の毛は伸びませんので、育毛剤の効果判定をするにしても難しいですよね・・・。

    専門家に任せる対策法

    髪型を変える対策

    薄毛が目立ちにくい髪型にする

     薄毛自体の根本的な解決にはなりませんが、髪型を工夫することで薄毛が目立ちにくいようにすることは可能です。男性とは異なり、女性は髪の毛が長い傾向があるので、隠しやすいというメリットもありますしね。

     通いの美容師さんに相談してみることでオシャレな髪型にしつつの薄毛隠しということもできるかと思います^^他の対策とは異なり、お金があまりかからないというのもメリットの1つですが、根本的な解決にはならないです。

    ウィッグをつける対策

    ウィッグをつける対策

     多少の費用とお手入れが案外と手間なデメリットがありますが、ウィッグという対策も1つの手段ですね。頭頂部の薄毛部分に到着すれば、ほぼ完ぺきに隠すことができます。

     日本の製品は立派なものが比較的多く、まずバレません。但し、何十万もの費用がかかる上に、薄毛の進行具合によっては作り直しということも発生してきます。

     手っ取り早さからいうとオススメですが、根本的な解決にはならないので悩む対策法の1つだと思います。

    植毛という対策

    植毛という対策

     植毛という対策もかなり先進的な部分があり、髪の毛を取り戻すことができる対策の1つです。費用がかなり高額で、数十万円程度はかかると覚悟しておくべき対策です。

     専門の美容外科で受けることができ、どのくらいの進行度かにもよりますが、30~100万円以上とも言われています。

     植毛で一番知っておいてほしいポイントは薄毛が進行すれば、不自然に髪の毛が残ってしまうということです。植毛した毛は抜けないからですね。

     薄毛が進行すれば、それに合わせて新たに植毛する必要がありますので、こちらも対応が難しい対策といえます。

    専門クリニックが一番効果的

     専門クリニックは1年単位での治療を考える必要があり、金額もそれなりになることが多いです。しかし、治療に対する満足度、実感度はかなり高いのでやはりオススメです。

     当サイトではヘアメディカルビューティーさんを中心にオススメしています。

    ヘアメディカルビューティー(女性専門)

    ヘアメディカルビューティー

    当サイトの評価 ★ ★ ★ ★ ★

     ここまで散々と対策法や原因を読んでくれた方は分かってくれたかと思うのですが、満足のいく薄毛治療をしようと思うと、やはり専門クリニックしかないのが現状なのです。

     シャンプーや育毛剤で効果がある人も確かにいますが、やはり専門クリニックと比べると確率が高くないんです。

     専門クリニックで治療するかしないかはさておき、まずは専門家の意見を聞いてみるというのは大きな一歩だと思いますので、手遅れになる前に無料カウンセリングに行く!っというのが大事だと思います。

Page top icon