女性の薄毛対策に必要なものを探す

 女性の薄毛は男性の薄毛とは異なり原因が実に様々です。ここでは大きく原因を3つに区切ってチェックしてみたいと思います。

頭頂部の薄毛チェック

 以下のボックスにあるチェックがどのくらい付くのかで簡易判定してみたいと思います^^

生活リズムのチェック!

ソファでうたた寝   睡眠時間が取れず、不規則である
  睡眠時間は5時間よりも少ない
  冷え性だ(冷房近くの席で仕事をしている)
  1日にコーヒー・紅茶・緑茶を5杯以上飲む
  常日頃から貧血気味である
  喫煙習慣がある

 以上、6つの項目の内、3つ以上にチェックが入るような場合は、シャンプーや育毛剤、クリニックでの対策をするよりも、生活リズムを見直すところから始めた方が良いと思います^^

ヘアケア習慣のチェック!

髪の薄いところ   髪型を変えたり、パーマ、カラーリングの頻度が多い
  髪の分け目はいつも同じだ
  1日に2回シャンプーをしている
  朝にシャンプーをするのが習慣となっている
  ノンシリコンシャンプーを使っている
  10年くらい同じシャンプーを使っている
  トリートメントはたっぷり多めに使っている
  白髪が気になったときは抜いている
  髪に良いとされる海藻類を積極的に食べている
  育毛剤は男性用のものを使っている

 以上、10個の項目の内、3つ以上であれば、間違ったヘアケアをしている可能性が高く、よかれと思って続けているケアが髪や頭皮にダメージを与えている可能性があります。正しいヘアケアをチェックしてみましょう。

髪や頭皮の状態チェック!

頭皮チェック   頭皮や地肌がかゆい(洗ってもかゆい)
  少しべったりとした湿ったフケが出る
  朝起きたとき枕に抜け毛が10本以上ある
  カラーリングなどで湿疹や赤みが出たことがある

 以上、4つの項目で1つでも当てはまるのであれば、皮膚科や専門クリニックで相談してみることをオススメします。何らかの皮膚トラブルである可能性があり、治療を開始した方が良い可能性もあります。

チェックリスト全体を通じて

チェックリスト

 以上のチェックリストを3つほどチェックをつけてもらいましたが、全体で10個以上チェックがついている方はすでに何らかのトラブルや症状が出ている可能性があります。

 あなた自身が気付いているものもあるかもしれませんし、無自覚なものもあるかもしれません。じっくりと生活習慣、ヘアケアのこと、髪質と頭皮についてじっくりと見直してみましょう^^

 また、各項目の細かいポイントを知りたい方はさらに読み進めてみてください^^



薄毛チェックリストを詳しく解説

チェックリスト

生活リズムが薄毛に影響している?

睡眠時間が取れず、不規則である

睡眠不足

 睡眠中には成長ホルモンが分泌され、体の機能をメンテナンスしてくれているのです。

 しかし、睡眠不足が続いたり、生活リズムが乱れているとこの成長ホルモンの分泌が減り、髪の毛にも悪影響を与えると考えられています。

睡眠時間は5時間よりも少ない

睡眠時間

 上の項目でも紹介しましたが、睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと言われています。

 昔からショートスリーパーのような人であれば問題ない可能性はありますが、仕事の都合、遊びの都合で睡眠時間が短くなってしまっている人は注意が必要ですね。

冷え性だ(冷房近くの席で仕事をしている)

冷え取り靴下

 冷え性になると血流量が減ってしまい、体の各所にしっかりと栄養が送りにくくなります。この影響は当然頭皮へも届きます。

 髪の毛のことを考えるなら、冷え性はできるだけ克服しておきたいところです。

1日にコーヒー・紅茶・緑茶を5杯以上飲む

コーヒー

 カフェインは少量であれば、血流促進することがあり、育毛に効果的だという説があります。しかし、このカフェインも摂りすぎとなると逆効果になるようです。

 いくつかの説(カフェインで眠れない説、タンニンが鉄分吸収阻害説など)があり、サラリと説明はできないのですが、コーヒーや緑茶は1日1~2杯程度以内にしておきたいところです。

常日頃から貧血気味である

貧血

 女性は鉄分が不足しやすいのですが、貧血気味である方はすでに不足している可能性が高いです。

 鉄分不足だと血液をうまく作れなくなり、髪の毛へと栄養がしっかりと送られなくなってしまい、元気な髪の毛が生えてこなくなります。

喫煙習慣がある

喫煙

 喫煙は髪の毛以外にも悪影響を与えることが知られています。タバコに含まれるニコチンが血流を悪くするので、こちらも髪の毛への栄養をうまく遅れなくなるのです。

ヘアケア習慣が薄毛に影響を与えている?

髪型を変えたり、パーマ、カラーリングの頻度が多い

パーマ

 髪型を変える、パーマ、カラーリングは髪へのダメージが大きいので、極力傷まないように気を付けながらしましょう。

 しかし、いくら気を付けていても回数が多ければ必然的に傷ついてしまいます。ヘアケアができておらず、切れ毛が増えたりしやすくなりますのでご注意を。

髪の分け目はいつも同じだ

分け目

 同じ分け目になる髪型ばかりしていると同じ個所に負担がかかり髪の毛が抜けやすくなることがあります。

 ポニーテールで引っ張られ続け、髪の毛が抜けやすくなるというのが有名ですが、分け目も同じ個所で分けていると同じことが起こります。

1日に2回シャンプーをしている

シャンプー

 皮脂が多い若い方であれば1日2回でも問題ないかもしれませんが、一般的にシャンプーは1日1回で十分です。

 必要な皮脂を落としすぎてしまい頭皮環境が悪化することは大いにあり得ます。

朝にシャンプーをするのが習慣となっている

シャンプーの泡

 シャンプーはできれば夜にしたいです。朝シャンが気持ちがいいのは分かりますが、朝は忙しいことが多く、髪の毛をしっかり乾燥させることができない場合が多いからです。

 濡れた髪の毛はダメージを受けやすいので、傷みやすいのです。

ノンシリコンシャンプーを使っている

シャンプー

 ノンシリコンが良い、シリコンは良くない。など、色々な論説がありますが、シャンプーはそんなに単純な話ではありません。

 カラーリングをしている場合はシリコンがある方が髪にやさしいです。シリコンがある方が髪に良い場合、シリコンがないほうが髪に良い場合など、人によって様々なのです。

10年くらい同じシャンプーを使っている

シャンプー

 年齢とともに頭皮の皮脂の分泌量も減少しますので、いつまでも洗浄力の強いシャンプーで洗っていると皮脂を落としすぎになってしまいます。

 アミノ酸系の洗浄力のやさしいシャンプーの検討も視野に入れてください。

トリートメントはたっぷり多めに使っている

トリートメント

 トリートメントは基本的にたっぷり使うものではなく、毛先だけでも十分なものです。

 また、トリートメントは髪には良いが、頭皮にはあまりよくありませんので、取り扱いにはご注意を。

白髪が気になったときは抜いている

白髪

 白髪は抜いてしまうよりも、根本付近でカットするのが正しいケア方法です。

 抜くと毛根が傷み、次から巻き巻きの白髪が生えてくることもありますので、余計に目立ってしまいます。

髪に良いとされる海藻類を積極的に食べている

海藻サラダ

 海藻類で髪の毛が生えるというのは都市伝説です。海藻を食べるだけで髪の毛が生えるのであれば、この世界に薄毛という悩みは存在しないはずです。

 迷信のようなケア方法をしてないで、正しいケア方法を知ることから始めたいですね^^;

育毛剤は男性用のものを使っている

男性用育毛剤

 男性の薄毛の原因と、女性の薄毛の原因は基本的には異なりますので、同じ育毛剤で効果があるとは考えにくいです。

 ただ、ミノキシジル配合の育毛剤は男女ともに効果があると考えられていますが、男女で濃度の差がありますので、注意が必要なところもあります。

髪や頭皮の状態が薄毛に影響を与えている?

頭皮や地肌がかゆい(洗ってもかゆい)

かゆい

 かゆみがあるということはすでに頭皮に何らかの炎症が起こっている可能性があります。

 特に洗っても洗ってもかゆいという方の場合は、洗いすぎが原因で炎症やかゆみを発生させていることが考えられます。

少しべったりとした湿ったフケが出る

フケ

 ベタつきのあるフケが出ているということは皮脂の分泌が多い状態になっています。

 場合によっては雑菌が繁殖してしまい、脂漏性皮膚炎などに発展してしまう可能性もあります。ここまで行くと皮膚科での治療も視野に入れる必要があります。

朝起きたとき枕に抜け毛が10本以上ある

抜け毛

 髪の毛は1日で50~60本ほど抜ける(多い人で100本)と言われていますが、その大半はシャンプー時やブラッシング時、髪の毛を触っているときになります。

 しかし眠っているときに10本以上抜けているという場合、少し注意が必要ですね。

カラーリングなどで湿疹や赤みが出たことがある

カラーリング

 化学製品に皮膚があまり強くないということですので、頭皮や髪の毛に何かをつけるときは注意が必要ですね。

 頭皮環境が乱れやすいということでもありますので、抜け毛、薄毛にもなりやすいとも言えます。



薄毛の原因は分かりましたか?

 正直、細かく見ていこうと思えばもっといろいろあります。ただ、これ以上に細かく原因をみても仕方がないというところがあります。

 必要なものは正しい薄毛の対策法だからです。細かい原因を知って、それらを個々細かく対応することは現実的に難しいからです。

 それなら、正しい以下の2つの方法をとってみることをオススメしますよ。

頭頂部の薄毛対策

 対策は至って簡単、女性の薄毛専門クリニックで専門的な治療を行うか、家庭でできる育毛剤で対策をするかの2択です。

女性専門クリニックでの対策
女性用育毛剤での対策

薄毛対策の注意点

 ちなみにヘッドスパや頭皮マッサージみたいな対策法は効果がゼロとは言いませんが、かける金額と効果のほどから見てあまりお勧めできません。

 また、育毛剤に関してもびっくりするくらい効果がある人と、まったく効果がない人とがいますので、3ヶ月ほど試してみて様子を見るようにしましょう。間違っても年間契約などはオススメできません

Page top icon