高齢出産後の抜け毛対策

 大前提となる話なんですが、『出産による影響が原因』である場合の話です。それ以外が原因である場合は別な話になりますので、ここで書いている対策よりも他の対策の方がオススメとなる場合がありますので、それだけはご理解くださいませ。

出産後の話

 対策は至って簡単、女性の薄毛専門クリニックで専門的な治療を行うか、家庭でできる育毛剤で対策をするかの2択です。

女性専門クリニックでの対策
女性用育毛剤での対策

薄毛対策の注意点

 ちなみにヘッドスパや頭皮マッサージみたいな対策法は効果がゼロとは言いませんが、かける金額と効果のほどから見てあまりお勧めできません。

 また、育毛剤に関してもびっくりするくらい効果がある人と、まったく効果がない人とがいますので、3ヶ月ほど試してみて様子を見るようにしましょう。間違っても年間契約などはオススメできません

出産後に抜け毛が増える原因

 統計的な話になるのですが、産後女性の約7割が経験する産後の抜け毛

 しかも、高齢出産になると抜け毛がよりひどくなるといわれており、高齢出産の場合は何らかの対策をする方が良いとも考えられています。

女性ホルモンの低下

 産後の抜け毛の大きな原因は、妊娠中に増えた女性ホルモンが急激に減少することなのです。女性ホルモンは髪を生やす、維持する作用があるのです。

高齢出産だと回復も遅くなる

 ママの年齢が若いと、産後のホルモンバランスが整うのも比較的早いのですが、高齢出産の場合には女性ホルモン自体が減少していますので、産後にホルモンバランスがなかなか整わなくなってしまうのです。

高齢出産

 そのため若い時の出産より、高齢出産後の方が抜け毛が長引く結果となってしまいます。悲しい話ですが、これが現実です。

 また、それ以外にも

  • 出産による急激な体力の低下
  • 産後の育児によるストレス
  • 授乳などによる睡眠不足
  • 不規則な食事
  • 鉄分不足からの貧血

 なども相まって、産後の抜け毛は増えてしまうわけです。


産後の抜け毛やダメージ対策

 この高齢出産の抜け毛ダメージに必要な対策は、まずホルモンのバランスを整えることです。

 規則正しいストレスのない生活を送ることが一番ではありますが、産後に赤ちゃんのお世話をしながらは難しいことも多いです。

育児ストレス

食生活での産後の抜け毛対策

 食生活の中で女性ホルモンによく似た作用をする大豆イソフラボンの食品を積極的に摂ることなら簡単にできる対策です。

 大豆イソフラボンを含む食事というと、味噌汁、納豆など和食に多いですし、質の良い母乳を作るためにもオススメの食材です。

豆腐料理

鉄分不足も要注意

 髪を育てるために頭皮に必要な栄養を届けるために重要なことは血行を良くすることですが、産後に鉄分不足になってしまっているのは意外と多いものです。

 当然、血行不良の頭皮には鉄分のサプリメントが効果的なこともあります。妊娠~出産、その後の授乳で貧血気味になっている女性は多いです。貧血になってしまうとバランスの良い食事を心がけても栄養素がしっかり体全体に行き渡らないということも多いです。

レバニラ炒め

 特に生命の維持にあまり関係のない髪は栄養素を送り届けることが後回しになってしまいますので、鉄分のサプリで血行不良を改善させることは大切です。

 通常の食生活だけでは産後の貧血状態の改善には時間がかかりますのでサプリで補うことで、より早く改善させることが出来ます。

頭皮が乾燥しにくいシャンプーを使う

 また産後に頭皮の乾燥が進んでいる、頭皮の血行が悪くなっていると、髪が生える環境も乱れていますので、なかなか次に生える髪が育たなくなってしまいます。

 産後の肌はデリケートであることも多いですので低刺激なアミノ酸系シャンプーを使うことで頭皮環境を整えることも大切です。

シャンプー

 女性の抜け毛が多い頭皮は乾燥していることが多いですので、女性用の育毛シャンプーには皮脂を取り過ぎない成分であったり、保湿成分が含まれていることが一般的です。頭皮が潤っていると頭皮が柔らかくなり、髪が育ちやすい環境になります。

 もし、授乳中に育毛剤を使いたいと思うのであれば、こちらのサイト(授乳中に使える育毛剤)で詳しく育毛剤が紹介されていますので、そちらを参考に選んでみるのも良いかと思います。

Page top icon