海藻類は髪に良い?

 発毛や育毛に良い食べ物と言えば、まず真っ先に思い浮かぶのがわかめやひじきといった海藻類でしょう。しかし、これらの海藻類は、発毛や育毛には何の関係もないという意見を耳にすることもあります。効果があるのか、それともないのか、果たして真実はどうなのかをここで紹介したいと思います。

実は直接的な効果はない

看護師さんのイメージ

 実は、医学的な見地からすると、わかめやひじきには発毛や育毛を促す直接的な効果はないと考えられています。なぜなら、髪の毛を作っている成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質ですが、これらの海藻類にはたんぱく質はほとんど含まれていないからです。とはいえ、発毛や育毛のためには海藻類を食べなくてもよいという意味ではないのです。

海藻類はヨードが豊富

わかめ

 これら海藻類には、ミネラルが豊富に含まれています。1つ目はヨードと呼ばれるミネラル成分です。ヨードには、血液の流れを良くし血行を促進する働きがあります。さらにヨードには別の効果もあります。成長ホルモンの分泌を促したり、新陳代謝を促進したりする上で非常に重要な役割を果たしている、甲状腺ホルモンのもとになっている成分でもあるのです。

 つまり、海藻類を食べることによって必要なヨードをしっかり摂取するならば、新陳代謝はもちろんのこと、血液の流れが一層良くなることでしょう。こうして血液の流れが良くなり、体全体の血行が良くなれば、体はより一層健康になります。体が健康になれば、当然のこととして頭皮や髪の毛も健康になるということなのです。

海藻類は亜鉛も豊富

海藻サラダ

 もう1つのミネラル成分は亜鉛です。わかめやひじきなどの海藻類には亜鉛も豊富に含まれています。この亜鉛は、ケラチンを作るのに欠かせない成分なのです。そのため、海藻類を食べてしっかり亜鉛を摂取するなら、健康な髪の毛に欠かせないケラチンの形成を助けることができるでしょう。

さらに食物繊維も豊富

 さらに、わかめやひじきなどの海藻類には、食物繊維も豊富に含まれています。これら食物繊維には、血糖値を抑える働きがあります。仮に血糖値が高いと、これら余分の糖分がたんぱく質と結合して酸化を促してしまいます。こうした状態になると、体内のたんぱく質が減少してしまいます。結果として、髪の毛にまで必要なたんぱく質が運ばれなくなってしまうのです。それに対して、食物繊維をしっかり摂取しているならこうした事態を防いでくれるので、必要なたんぱく質がしっかり作られるとともに運ばれるようになるのです。

効果があるようなないような・・・

 っと、いうように直接的には効果はありませんが、間接的には効果があるかもしれないというわけですね。ただ、当然のことながら海藻類ばかりを食べれば薄毛対策に繋がるわけではありません。その程度で薄毛が解決するのであれば世界中から薄毛の人はいなくなっているはずですからね・・・苦笑。

Page top icon